警備員の道警備員教育内容 > 警戒棒の基本操作

警戒棒の基本操作

 護身用具として携帯する警戒棒と特殊警戒棒の取扱い方法に関する教育内容です。構えの等の基本姿勢や基本操作として中段打ち・下段打ち、伸縮式特殊警戒棒の取扱い等を習得し護身と警戒に使用します。

< 警戒棒 >  
特殊警戒棒の使い方
特殊警棒・特殊警戒棒の使い方
 多くの警備業務で広く携帯されている伸縮式の特殊警戒棒の使い方です。勢いをつけてしっかりと伸びきると容易く縮むことがなく、丈夫な警戒棒として機能します。
特殊警棒・特殊警戒棒の収納方法
 特殊警棒・特殊警戒棒の収納方法
 振出式の伸縮式特殊警棒・伸縮式特殊警戒棒(特殊警棒等)の収納させるためには、大きな衝撃を与える必要があります。通常の収納方法や、特殊警棒等の本体や床に傷をつけないようにする収納方法です。
警戒棒 構え
警戒棒 構え
 警戒棒を携帯した時の基本姿勢と構え方です。
警戒棒 中段打ち
警戒棒 中段打ち
 警戒棒による中段の構えと中段打ちの方法です。危険が強く予測されるとき、相手を目と警戒棒で威嚇し牽制を行います。
警戒棒 下段打ち
警戒棒 下段打ち
 警戒棒の下段の構えと下段打ちの方法です。武器を持って向かってくる相手を想定し、武器を打ち払った後、相手の足を打撃して動きを止めます。
警戒棒 両手による打撃
警戒棒 両手による打撃
 両手に構えた警戒棒の打撃方法です。警戒棒を振りかぶる間がないことを前提に、瞬時に打撃を行うことで対応する間を作ります。
 警戒棒は、平成21年7月1日より「警備業者等が携帯する護身用具の制限等に関する規則」の改正により規格が変更されました。従来から広く使用されている鉄鋼やスチール製の伸縮式特殊棒の他、現在ではジュラルミン等のアルミ合金製による製品が広く普及しています。
 ジュラルミン等のアルミ合金製の特殊警戒棒では、新規格により全長が一回り大きいサイズとなっています。また、規格変更により手元に鍔付きの物が使用可能となっています。

特殊警棒・特殊警戒棒の使い方 へ

ページトップに戻る