警備員の道警備員教育内容警戒杖の基本操作 > 警戒杖 逆手打ち

警戒杖 逆手打ち

 警戒杖(正式名:警戒じょう)の基本操法逆手の構えと逆手ちの方法です。大切なことは、警戒杖に手を沿えた杖を離すことなく手の中で滑らせることことです。

常の構え写真
<警戒杖 常の構え>

 左手で警戒杖の先端をもちます。

 右足を半歩だし、半身に構えながら警戒杖を返して腰の左に引き寄せます。

<警戒杖 逆手の構え>
 警戒杖根元が腰の位置で左手に握られ、右手逆手の状態で上部から5分の3くらいの位置です。

<逆手 開始>
 根元を持つ、左手を下げて、右手が先端近くの位置まで警戒杖を移動させます。

<一打目>
 左足で踏み込み、左手で警戒棒を添えながら持ち上げて、右手のひねり振り下ろします。

 警戒杖の自重だけでかなりの勢いで振り下ろされます。

<二打目>
 警戒杖が右側の位置にあり、右手で持ち上げて、左手をひねって振り下ろします。
<逆手打ち 終了>
 写真では、撮影のために場所が移動していません。
 本手打ち同様に、
 「常の構え」から「逆手の構え」で半歩。
 「一打目」で一歩。
 「二打目」で一歩。   計、2歩半前進します。
 力の加え方で本手打ちより威力を出すことができます。
 擬似目標で固定されたもので力を加えて打ち込みを行うと、打撃者も腕を痛めることがあり、注意が必要です。
警戒棒の基本操作 へ

ページトップに戻る