警備員の道警備員教育内容警戒棒の基本操作 >警戒棒 下段打ち

警戒棒 下段打ち

 警戒棒の下段の構えと下段打ちの方法です。武器を持って向かってくる相手を想定し、武器を打ち払った後、相手の足を打撃して動きを止めます。


<警戒棒 下段の構え>

 警戒棒を向かってくる相手の右手に打ち込むため、左に大きく振りかぶります。

 右足を踏み込み、踏み込む勢に警戒棒の振る勢いを加えます。

<一打撃目>
 警戒棒を相手の右手(右肘)に打ち込みます。)

<二打撃目>
 相手の足(太もも)を狙い、一打撃目に続いて振り下ろします。
 低い位置で力強く打ち込むため、体制を安定させるので腰が沈み込みます。
 相手に襲われた状態を想定します。
 勢いを殺さずに打ち込みを行えることが大切です。
 特に、二打撃目の打ち込みに際し、体制が崩れないようしっかり踏ん張りを効かせてください。万が一の時、体制が崩れる不安定な護身は、失敗したときに余計に危険が伴います。

警戒棒 両手による打撃 へ

ページトップに戻る