警備員の道警備員教育内容警戒棒の基本操作 >特殊警棒・特殊警戒棒の使い方

特殊警棒・特殊警戒棒の使い方

 振出式の伸縮式特殊警戒棒・伸縮式特殊警棒(特殊警棒等)の持ち方や伸ばす方法、収納方法です。

特殊警戒棒写真
<特殊警戒棒>
 写真は特殊鉄鋼製の特殊警戒棒です。
 他にアルミ合金製もあり、伸縮させるにはアルミ合金製の方が容易にできます。

<特殊警棒等を伸ばす>
 奪取防止に最初に吊り紐に腕を通します。

 本体をしっかりと握ります。
 手が小さく吊り紐に余裕がある場合は、吊り紐の上から握ります。

 振りかぶり、勢いを付けて振って伸ばします。
 アルミ合金製のものであれば、訓練を重ねると腰から抜いた抜刀だけで伸ばすことも可能です。

 最初は上手く伸びませんがコツを掴むと容易に伸ばせるようになります。

※見た目が伸びていても、振りが弱く、不十分に伸びた特殊警棒等は、簡単に縮むため危険です。確実に、しっかりと伸ばします。

・振出式の特殊警棒等を収納する方法は、伸ばす時以上に難しくコツが必要となります。
 収納方法はについては、特殊警棒・特殊警戒棒の収納方法

・特殊警棒等の伸縮方式
 特殊警棒等の伸縮方式には、本ページで紹介している振出式の他、メカニカルロックの2種類があります。旧規格による鉄鋼製など多くは前者の振出式。新規格によるアルミ合金製では後者のメカニカルロックが主流です。
 振出式は伸ばす時、収納時にコツと力が必要となります。メカニカルロックでは、伸ばす時及び収納時の扱いが格段に扱い易くなっています。
特殊警棒・特殊警戒棒の収納方法 へ

ページトップに戻る